3年ぶりのドイツ公演!
2016年以来のドイツ公演。3年も開くと色々なことが記憶から薄れて不安は募るばかりです。
太鼓のパッキングの仕方に始まり、成田での運搬方法や集合時間、荷物の受け渡しなどなど。
フランクフルト空港にいたっては年中工事をしていたので、行く度に景色が違っていたので覚えてるわけもなく。
今回は着いた翌日に公演があり、そういう時には時差で身体が動かないなんてことがないように機内での過ごし方も決めていましたが、それもすっかり忘却の彼方・・・。それでも楽しみなことに変わりはないのですが。

特に今回はワークショップが充実していて、全2公演の谷間の日に、3つのグループに計4時間!
そのうちの2グループは一般の方達で、みなさん和太鼓の演奏は初体験。人によっては和太鼓を見るのも初めてという方もいると思うので、果たして和太鼓の音と振動に何を感じて頂けるか。
そしてもう1グループは、カイザーズラウテルンという町を本拠に活動しているドイツ人の和太鼓グループ「天皇川」のみなさん。初めてチーム名を聞いた時はちょっと驚きましたが、町の名前であるカイザー(皇帝)とラウテルン(川)を組み合わせた名前と知って納得です。

当初は経験者の参加は念頭になかったのですが、本人たちから参加の希望があり(しかも2時間やりたいと!)、そういうことであれば初体験の方達とは別途でやりましょうとなった訳ですが、問題はワークショップの内容です。
国内外問わず、前半で基本的な打ち方をやって、後半で曲の一部をみんなで演奏するのがオーソドックスなメニューですが、経験者相手となるとちょっと勝手が違ってくるわけです・・・。
そこで、「神無月」という秋のお祭りをモチーフにした賑やかな曲を教えることに。2時間で1曲覚えるのは無理だと思うので、今回は冒頭でうちのメンバーがデモンストレーションで演奏し、その様子を撮影してもらって、我々が帰国したあともその映像を見ながら練習できるようにすることにしました。
すると、彼らは曲を習えるなど思いもしていなかったようで、とても感激していると、主催者を通じて知らせがあり、当初はメンバーの一部(6〜7名)が参加すると聞いていたのですが、こちらの太鼓で足りない分は自分たちの太鼓を持参して、12名で参加するそうです。
そこまで喜んでもらえるとは思っていませんでしたが、果たしてどんなワークショップになることやら。もしかすると2時間で全部覚えてしまうかもしれないし。そしたら曲を覚えるコツをうちのメンバーに伝授してもらおうかな・・・。

我々の演奏としては、今回の公演に向けた新曲の初演奏もあり、楽しみと、期待と、不安とが入り混じった、なんとも充実した気分のドイツツアーとなりそうです。
ワークショップの様子は、また帰国後にお知らせします。

「れいわ」と入力したら、なんと「令和」と変換されました。
驚いて書こうとしたことを忘れました。平和っていいです。
和太鼓教室 「打込塾」 参加者募集中!
何しろ和太鼓を打ちたい! 何も考えずに打つことだけに没頭したい!
その結果、いつの間にか基本が身について!?
そこで、和太鼓を徹底的に「打ち込もう!」という主旨のもと、
月に2回(不定期)和太鼓教室『打込塾』を開講しています。
太鼓未経験者から上級者まで、ただひたすら太鼓を打ち続ける! 
ストレス解消! 運動不足の軽減! 何しろ太鼓が打ちたい!
動機は一切不問 (^o^)/ 興味のある方は、ぜひ参加してみてください!


詳細は「Information」ページをご覧ください。
うてな コラム
座右の
メェ言
<今後の活動予定>

◆ 3月31日 富士通川崎工場 春まつり 10:10〜10:30  ちびっ鼓 鼓桜ほか
◆ 4月7日 しながわ運河まつり 11:00〜11:20  暁 鼓遊
◆ 4月12日 和太鼓公演 in Eberstadt 
◆ 4月14日 桜まつり SAKURA Festival in FRANKFURT 
◆ 5月18日〜20日 大太鼓組合宿 鹿教湯温泉 
   
◆ 9月21日 チャリティ演奏会 2019  川崎市総合福祉センター 


Topics
本文へジャンプ