今年もこの時期がやってきました!
大人と違って、子供たちには1年1年の持つ意味がとても大きいものです。特に「卒業」というイベントが関係する年はなおさらでしょう。今年も横浜の市立小学校の特別和太鼓クラブ6年生11名による卒業発表会が行われました。全校生徒が彼らの発表のためだけに体育館に集まるだけに、プレッシャーも半端じゃないようで・・・。

で、プレッシャーと言えばこちらにとってもかなりのもので、風邪でもひいて行けなくなったら・・・。大渋滞で時間に間に合わなかったら・・・、もし事故でも起こしたら・・・、万が一車が故障したら・・・などなど。何しろ彼らにとっては4年生から始めた和太鼓の集大成の日で、卒業と付く一生に一度しかない大イベントなのです。
そこにきて今年はインフルエンザの大流行。運よくインフルエンザは大丈夫でしたが、風邪をこじらせて復調したのが発表会の前日。まあ、なんとか今回は事なきを得ましたが・・・。


さて肝心の演奏の方はどうだったかと言うと、当人達も演奏後に言ってましたが、「悔いのない」出来栄えだったようで。
6年生になって夏から秋の出演で打ってきた曲に加えて、年明けからたった3回の練習で習得した2曲を演奏。特に3回で習得した曲に関しては、子供たちのプライドと集中力と結束力の凄さを強く感じました。
この2曲は代々の6年生が卒業発表会で演奏してきた曲。通常は1曲について3か月から半年をかけて習得しますが、とうてい3回では無理ではないかと思い、4年生もしくは5年生だった時に覚えた曲にしようかと考えていたのですが、本人たちはあくまでも挑戦することを選択。そのためには1回の練習でやったことは次の練習までに完全にできるようにしてこないと最後までたどり着かないけど大丈夫かと念を押しましたが、それでも「やる!」と。
1人だけができても、1人だけができなくても、誰かが諦めたら、誰かが欠けてしまったら。全員で、全員揃って最後までやり抜く。
そんな強い気持ちが、大きなミスもなく堂々と打ち切った「悔いのない」演奏となりました。

僕との関りは小学校で終了ですが、みんながこの先どのように成長していくのか、とても楽しみです。
今回も子供たちからたくさんのことを学びました。ホント、風邪で行けなくて中止、なんてならなくて良かったです。


如月の語源は寒さが厳しく重ね着をする「衣更着」という説も。
ただ、この寒暖差では着ても脱いでも体にはキツイです・・・。
和太鼓教室 「打込塾」 参加者募集中!
何しろ和太鼓を打ちたい! 何も考えずに打つことだけに没頭したい!
その結果、いつの間にか基本が身について!?
そこで、和太鼓を徹底的に「打ち込もう!」という主旨のもと、
月に2回(不定期)和太鼓教室『打込塾』を開講しています。
太鼓未経験者から上級者まで、ただひたすら太鼓を打ち続ける! 
ストレス解消! 運動不足の軽減! 何しろ太鼓が打ちたい!
動機は一切不問 (^o^)/ 興味のある方は、ぜひ参加してみてください!


詳細は「Information」ページをご覧ください。
うてな コラム
座右の
メェ言
<今後の活動予定>

◆ 3月2日 大田文化の森 文化祭  11:30〜12:00、13:00〜13:30  鼓舞志
◆ 3月3日 東京マラソン 沿道応援 芝公園 11:30〜11:50  暁 鼓遊
◆ 3月31日 富士通川崎工場 春まつり 時間未定  ちびっ鼓 鼓桜ほか
◆ 4月14日 桜まつり SAKURA Festival in FRANKFURT 



Topics
本文へジャンプ